”オールド・シネマ・パラダイス”、、時々新作も

長年”映画と愛猫とオーストラリア”だったが札幌へ軟着陸し愛猫も亡くしこの新タイトルで心機一転だ。

爆笑映画館とスタンディング・オベーション

映画館へ入って予告編や本編が始まる前に大笑いした事があった。見た映画は”裏切りのサーカス”だったので確か2011年の9月頃だったと思う。今のようにネットで席を買ったり、指定席だったりする以前なので上映時間を確かめ、窓口のおねいさんに見たい映画を告げて現金を出す方式だった。

 

 

何時ものようにボクの指定席、後方真ん中に確保したのだがその映画館は真ん中に通路があり左右に進んで席に着いた。そしたら前列を同じように右側へ進んで行くデカいおっちゃんが目に着いた。そのオージー、しきりに ”excuse us”と言いながら行く、何せデカいので席に着いている人達は一旦立ち上がらないと通れない。

 

もう館内は8割がた埋まっているので立つ方も大変だ、。だが待てよ ”excuse us”って言ってなかったか?するとそのおっさんが立ち上がった人たちに”thank you, thank you”と言いながら”mrs”が後から来るんだよ、そっちの方がオレよりデカいからね、、っとか言っている。そしてそのご婦人の登場だ、両手にそれ全部食うの?と言うくらいのバケツ状のポップコーンを抱えている。

 

確かにおっちゃんが関脇ならこっちのおばちゃんは大関だ、そしてやっと座ろうとしてた人達を再度立たせて旦那の後を追って一番奥の席へ軟着陸した。この経緯に同列と後方列の観客から大爆笑が起こったのだ。まあご本人はウケを狙った訳じゃなくごく自然に振舞っている姿が妙に和やかで我々も思わず噴き出したと言う訳だ。

 

そしたら今度は係員が数人の客と最前列へ出て来て”皆さん、この回は満席です。何処かお隣に空席はないでしょうか?”と言い出した。するとすかさず別のおっちゃんが後方から”お~い、此処に一席なら空いているぜ、、でも若い女性の専用席だがね、、”とやったもんだから又もや場内が大爆笑に包まれた。

 

これがオージーのアスタマニアーナ精神だと気が着いたがユーモア満点なやり取りは映画以上に笑えた。館内を見まわすとどうも近所の老人ホームから団体で来ているのかと思う程にオールシニアだったがその2時間後には全員がこの傑作スパイ映画を堪能して笑顔で席を立って行った事が懐かしい、、。こんな経験は日本じゃ出来ないんだろうな、と映画館を後にしたものだ、。

 

それと年代は遡るのだが映画のエンディングを見ながら満席の観客が全員立ち上がって拍手喝采をした場面を、、映画は”ロッキー”、最初にスタローンが主演したスポ根もので連日映画館は満席の状況と伝え聞いていた。映画館はハリウッドのもっと北側でウェストウッドと言う町、普段からUCLA分校がある事から学生街として有名なところ。公開されたのが1976年なので確かその秋口だった気がする。

 

 

日本じゃ入場券を買うのに映画館に並ぶのだがあっちは入場券を買ってから列に並ぶ方式だ。すんなりと券が買えたので”おお、こりゃラッキー、空いているじゃないか?”と思いきや冗談じゃない、。まだシネコンになる前の単独映画館だったが何とその周りを2周も並んでいるじゃないか。

 

もうとてもその回には入場出来ず次の回へ、そして大満足して見終わった途端、館内の全員が立ち上がって拍手喝采、これにはビックリしたものだ。それまで映画館で見終わった後に大拍手するなんて経験はなかったぞ。エンドロールが出ている間、ずっと拍手が鳴りやまない。無論オレも一緒になって拍手していたものだ、、、。

戦場の女たち NHK ”映像の世紀”

どうも最近、映画館は無論だがTVでもじっくりと腰を据えて観戦する気力が失せている気がする。もう脚色された作品は見たくない、、と言う訳でもないのだがどうもツッコミ所が満載の技法にはうんざりして来ていると言うのが本音かも?

 

映画の世界なんだから何でもOKとは思っているがやはり撃たれても死なない、10人に囲まれて銃撃戦になっても主人公だけはかすり傷一つ負わず生き残る、、さっきまでニューヨーク市内のセントラルパークでカーチェイスしていたのに角を曲がったら其処はもうバテリーパークの海辺だった、、何てのを見せられているとかなり白けてしまう。

 

 

そんな時に出会ったのが正統派ドキュメンタリー映像だ。これは毎回録画しているNHKオンデマンドで放映されている”映像の世紀バタフライエフェクト”と言うシリーズでボクのストライクゾーンど真ん中を射止めた”戦場の女たち”である。

 

第二次世界大戦以前に遡り世界の軍隊で躍進的な活躍を遂げている女性兵士が主人公たちである。最初の一人はソ連軍のスナイパー、リュドミラ・パブリチェンコ敵対するドイツ軍の兵士を狙って公式記録には309人の狙撃を成し遂げたらしい。そして二人目はナチスの天才飛行士、ハンナ・ライチュで戦争末期にゼロ戦でも有名になったが急降下爆撃の技術の開発に携わっていた。

 

そして最後は連合軍のノルマンディー上陸作戦の成功を陰で支援していた連合軍側の女性スパイたちである。この設定は過去には何度なく映画化されているし女性をヒーローとして主人公に持って来るには最適の逸話である。

 

実際には20人以上の多くの女性たちがイギリス国内に集められ過酷な訓練を受け戦地へ潜入、そして現地のレジスタンスと連動してノルマンディーへ続く主要幹線道路、鉄橋などを破壊してドイツ軍が集結出来ないように爆破工作を受け持っていたようだ。

 

半数近い女性兵士は帰らぬ人となっているのだが終盤、記録映画のインタビューに答えて”愛する祖国を守る為に立ち上がりました”と述べているのが実に印象的なエンディングだった。それがこの長い年月を経て同じ言葉をウクライナの女性兵士が今この時代に語っているのを見てやるせない気持ちになってしまった。

 

即ち人間がいる限り争いは続く、、過去の大戦を経ても人間ってのは何も学んでいないのではなかろうか?先のハンナ・ライチュは戦後もヒトラーを心底崇め胸には何時もクローケンハイツの十字を誇らしげに着けていた、、。現代のソビエトの女性兵士たちはプーチンを同じように崇めているとしたらそれは違うでしょ、、とは誰にも言えない?

 

 

 

 

”めぐり逢えたら”(93年)

久し振りに見たこの映画には結構思い入れがある。舞台になっているのがシアトルで次女が結婚した当時、式に出席し10日ばかり滞在したのだが改めて見てみるとロケ地として登場して来た箇所、その殆どへこっちも”めぐって”来たのだ。

 

ストーリーは実に他愛ないラブロマンスだがトム・ハンクスメグ・ライアンも若くて俳優業としてピークにあった時期、そりゃオレだって若かったし。公開されたのは30年も前だが挙式に出たのが2010年なのでもう12年も前、って事は映画が公開されてから17年も経過していたって事になる。

 

それが市内観光のバスや海上へ出る遊覧船に乗っても、、”皆様、彼方に見えるのがトム・ハンクスの自宅です、、”とか”あの駐車場でメグ・ライアントム・ハンクスが初めて出会った場面です、、”とかハリウッドじゃあるまいしロケ地めぐりな案内だった。

 

確かに大ヒットした映画に登場すると観光案内には必ずと言って良い程出て来るし、知名度を利用するもんだがたった一本の映画が観光客の興味をそれ程長い間、繋ぎとめているって事には正直驚いた。

 

 

劇中では何回となく出て来るのだがプロットはケイリー・グランド、デボラ・カー主演の”めぐり逢い”(57年)である。これは原題が”An Affair To Remember"なんだが実はこの映画もリメイクで真のレオ・マッケリー原作版は”邂逅”(39年)でアイリーン・ダンシャルル・ボワイエである。

 

更にはウォーレン・ビーティとキャサリーン・ヘップバーンで作られたのが”めぐり逢い”(94年)と実にややこしいのだ何れも原題は”Love Affair"なので統一されていても混乱する。この”めぐり逢えたら”は”Sleepless In Seattle”と内容はかなり違うしタイトルは全く別モノになっているが最後にカップルがニューヨークのエンパイア・ステート・ビルでめぐり逢う演出は共通している。

 

 

オリジナルの”邂逅”だけは見てないが他の作品は見ている、でもやはり映画の出来具合はケイリー・グランド、デボラ・カー版が一番良かった気がするし一番泣かせてくれる。セリフに関してはこの”シアトル版”は実に映画を映画で語る場面が多くて一人で見ながら思わず笑い転げてしまった。

 

 

それにしても30年前の映画を17年前に現地でロケ地巡りをした気分で当時の風景がそっくりそのままってのも面白かった。まだスタバやアマゾンは出て来なかったし将来、イチローが行くことになったマリナーズの球場は収録されていなかったのは残念でした。

 

 

”アバター ウェイ・オブ・ウォーター” (22年)

ジェームス・キャメロン監督が遂に13年振りとなる”アバター”の続編でスクリーンへ戻って来る。世界同時公開が12月16日となり先日、ロンドンでワールド・プレミアが開催されたと報じられた。

しかし随分と待たされたなぁ~、、オーストラリアで僅か60席しかない”ゴールドシート”で通常の倍額を払って見たんだった。確か3D用のメガネもあったような?そしてこの新作はその時の感激を大きく上回ると言う業界諸氏のコメントで溢れている。

これはすっ飛んで映画館へ見に行かなくてはいかんだろう、、オリジナルを見た時は未だオレはシニア料金適応外だったのがウソみたいだ。

配役は前回と同じようだが今回はタイトルにあるようにパンドラ星の舞台が水中でのお話らしい。多くの新しいキャラクターが登場して来るのは”スターウォーズ”シリーズに近いところがあるのだがどんな手法で撮影されているのか、それだけでも楽しみである。まあ極端な事を言えば実写場面はなく殆どがCG特撮になるのでアニメ映像を見る気分になるのではないだろうか?

 


www.youtube.com

マーロウ (22年)

邦題は未だ未定らしいがずっと待ってたリーアム・ニーソンが私立探偵”フィリップ・マーロウ”に扮する映画がアメリカでは来週かに公開される事になった。原題は”Marlowe"だけだが過去にはハンフリー・ボガードロバート・ミッチャムやらジェームス・ガーナー等も演じていた。私立探偵ってのは何故か断然イギリスよりアメリカの風土にマッチしている。

それも多くが離婚経験者、アル中、元警察官、金欠病、、って共通する項目がありリーアムが過去に演じたマット・スカダーだって全く同じ設定のなかで美女の依頼を受けて失踪人捜査になるのが定番だ。それに無類のハードボイルドな性格で正義感が強く女性には弱いのが特徴である。

映画”チャイナタウン”で私立探偵、ジェイク・ギティスを演じたジャック・ニコルソンは限りなくこのマーロウ像に重なっていたものだが、。

 

まあそんな背景もあるのだが初めて予告編なるモノを拝見して見たら、何と其処には強いブライアン・ミルズがFBIを相手に大立ち回りを演じていた。ナンか違うんだな、、フィリップ・マーロウは拳銃だって普段は持ち歩かないし、必要最低限に使うだけ、そんな腕利きのスーパーマンじゃないのだ。

もっとも地味で請われて危険も冒すがあくまでも地道に依頼者の意向を受けて最良の結果報告をするのが彼なりの流儀でそれがFBIに疎まれ犯人扱いされ無実の罪で逃走するってのはドクター・キンブルじゃないか?まだ全編を見た訳じゃないがこの予告編からは本来のハードボイルドな私立探偵像が浮かんで来ない。

まだ公開されていないのだが事前に視聴したIMDbファンからの評価もさほど高くなさそうでこよなく孤独で前時代的、私立探偵像を愛するボクの予測していた映画とはかけ離れている気がする。他の配役はダイアン・クルーガー以下ジェシカ・ラングも出ているようだが、、。

 


www.youtube.com