”オールド・シネマ・パラダイス”、、時々新作も

長年”映画と愛猫とオーストラリア”だったが札幌へ軟着陸し愛猫も亡くしこの新タイトルで心機一転だ。

”ブラック・レイン”(89年)

先日NHKBSで配信されていた。もうそれこそ何回も見ているので今回は録画もせずにそのままスルー、当然ブログにも過去、複数回投稿しているんだと思っていた。そしたらどうも監督のリドリー・スコットや他の作品に連動して書いていた事はあるようだが単独で記事にした事はないようだ。そこでこの映画がリドリー・スコットが監督した作品群でもトップテンに入る程に評価が高いと言う理由を探ってみた。

それにはまず主演の配役を検証せねば、、ニックさんを演じるニューヨークの刑事、マイケル・ダグラスはどうやら平気で賄賂を受け取るようなワルっぽい風情で離婚した妻と子供の養育費を捻出するのに苦労している。公道でバイクレースを持ち掛けちゃ賞金稼ぎをするようなアブない設定、。

 

 

 

新しくパートナーになったチャーリー(アンディ・ガルシア)はまだNYスタイルに染まってない素朴で熱血漢、正義を熱く語れる刑事だ。そして日本側からはサトウ(松田優作)、新興ヤクザの若手で仲間の素性からいくと暴走族あがりで怖いもの知らず、”古き極道はぶっ壊したるわ”、、と威勢が良くまさに新極道として筋金入りだ。

そして我らが健さんは所轄刑事役で律儀で日本式警察官を地で行くマサ(高倉健)である。もうこの配役だけで間違いナシって映画、ヘンテコリンな日本描写だけはカンベンしてくれよ、とリドリー監督に祈る気持ちで見たものだ。

しかしそんな心配は無用どころか日本人が見ても100%納得出来る映画に仕上がっていたしプロダクション・デザインを担当したノリス・スペンサーと撮影を担当したヤン・デ・ポンはその後、キアヌ・リーブスをスターダムの頂点へ押し上げた”スピード”やヘレン・ハントの”ツイスター”で立派に監督を務めている。

冒頭のサトウ確保に始まって大阪へニックとチャーリーが移送する任務に就く訳だがそのサトウに見事逃げられた二人は一応責任を感じて嫌がるマサの協力を得て独自に捜査進めるが新旧ヤクザの壮絶な紛争に巻き込まれてしまう。しかし乍らヤクザ間の抗争とは裏に偽ドル札を製造する為の原版争奪戦って事が判って来る。

 

 

終盤のクライマックスでは元暴走族のサトウとストリートファイトで命がけの公道レースで賞金稼ぎをしているニックの一騎打ちになるのだがニックにはチャーリーを殺害されてしまった事への復讐心もある。それでもずっと捜査に協力してくれ友情を育んで来たマサの顔も立てないといけない、、そんなニックは最後には警察魂に目覚めサトウを所轄へ連行する事で立派に職務を遂行するのでありました、。もうこの映画に関しては一切文句は言えない、これぞ日米合作の頂点に立つ映画じゃなかろうか?

 

 

 

”フロッグ”(19年)

原題は”I See You”と言うミステリー仕立てのオカルトっぽい映画でそれなりにプロデューサーと監督の努力は買いたいがボク的には外角遠くワンバウンドでしかも捕手が後逸してしまったような映画だった。

主演はヘレン・ハントなんだがどうにも若い頃から(”恋愛小説家”、”ツイスター”など一連の作品)20数年っきゃ経過してないのだがその容姿の違いに唖然としちまった、見なけりゃ良かったと後悔しきりである、、。

 


映画の主題は行方不明になった10歳の少年、そして以前にも同じように誘拐か失踪か判らなくなった少年を探す捜査から始まるのだがその二本の線が微妙に繋がっているような雰囲気でジャッキー(H・ハント)と夫のグレッグ刑事(ジョン・テニー)一家の裕福そうな一軒家が舞台になっている。

邦題の”フロッグ”と言うのは文字通り”カエル”で本来は”フロッギング”なハズだが風来坊生活の延長で他人の家に無断で侵入しホッピングして回る事から付けられた呼び方だ。つまり家人には見つからないようにその家に同居すると言う事で冷蔵庫のモノは勝手に盗み食いするが一切の迷惑はかけず4~5泊しては又、違う家に隠れ住む、そんな非日常的なスリルを楽しむ若者を指している、。

ジャッキーは両親が裕福で自分も精神科かサイコロジー専門の臨床医らしい。でもどうやら不倫中で夫のグレッグ刑事とは上手く行ってない様子。おまけに一人息子のコナーはママに対して険悪感を剥き出しでロクに口も聞かない。

そんな彼らの住む住宅街でフロッギングをやっている一組の男女がある日グレッグが出掛けるのにガレージのドアを開けた際にこの家に侵入してしまう。その彼らが終盤になって重要な役目を担い誘拐犯である意外な真犯人と別の殺人事件の容疑者と遭遇してしまう内容で普通の行方不明者捜査とはかなり違ったミステリーだった。

原題が”私には見える”ってのに”カエル”と言われちゃ返す言葉もないがこりゃやっぱりヘンテコリンだったよ、、。

”見知らぬ乗客”(51年)

原題は”Strangers On A Train"と邦題はそのまま、ずっと長い間見たと思っていたが今回が初めてだった。原作は”太陽がいっぱい”を書いたパトリシア・ハイスミスで監督はアルフレッド・ヒッチコック、配役はファーリー・グレンジャーロバート・ウォーカー、ヒッチ爺お得意の女優さんはルース・ローマンとチトインパクト不足は否めない。

 

 

ニューヨークの通勤列車内で知り合った二人、ガイ(F・グレンジャー)はテニス選手でヤケにガイの私生活に詳しく言い寄って来るのがブルーノ(R・ウォーカー)だ。そのブルーノが持ち掛けて来たのが”交換殺人”で浮気癖が抜けず離婚を目論んでいたガイの奥さんを抹殺する代わりブルーノの方は資産家の父を殺して欲しいとの申し出だ。

ガイの方は引き受けた訳じゃないのにブルーノは勝手に奥さんのミリアムが遊園地で男友達と遊んでいる最中に絞殺してしまう。そしてガイに”今度はお前の番だ、早く父をヤレ”と家の図面やら鍵までも送りつけて来るのだ。

まあミステリーの王道と言うのか犯人捜しにはならないのだが本筋はブルーノが勝手に殺人を実行してしまいその代価を遂げろと責められるガイの恐怖心を丁寧に描いている。ガイもイヤならそのまま警察へでも駈け込めば済むんだがブルーノの手には物証となる彼のライターが残されているので妻殺しの容疑をかけられるやも知れない。

やはり舞台設定が巧いしヒッチコック監督はレイモンド・チャンドラーに脚本を書かせているだけあってガイの困惑する様子やサイコパスなブルーノが不気味だ。終盤になって起死回生の賭けに出て自分の無実を晴らそうとするガイが再婚を考えているアンと妹のバーバラの協力を得て真犯人であるブルーノを警察に突き出すべく奮闘する展開はスリリングで見応えがある。

 

 

 

その主演のファーリー・グレンジャーは違う角度から見るとジョージ・チャキリスに似ている、、そしてロバート・ウォーカーの方はジャック・レモンとボビー・ダーリンを足したような感じで最後まで彼らの余韻が消えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

”Bosch : Legacy” (22年)

アマゾンが独自に制作したTVシリーズで既にシーズン7までは配信済でハリウッド警察署の刑事さんとしての活躍は終わっている。そしてこの新シリーズは”Legacy"と副題が付きボッシュ刑事がロスの私立探偵として活躍するストーリーになっていた。

 

 

以前から予告編は見ていたし主演のタイタス・ウェリバーのインタビューも見ていたが何時から配信されるのかはすっかり失念してた、、それをあっちのブログでオネムさんが教えてくれて早速今朝、一気に配信されている分の4話まで見る事が出来た。

警察署は辞めたが今度は娘のマディ(マディソン・リンツ)が警察官になり下っ端の巡査としてパトカーで街を巡回する役だ。更には前シリーズではボッシュの宿敵でもあった敏腕弁護士のハニー・チャンドラー(ミミ・ロジャース)がこのシリーズではボッシュの力強い弁護士として大活躍している。

それと愛犬のコルトレーンはこのシリーズでも健在、ボッシュの相棒として出ている。前のシリーズから引きずっている事件が根底にはあるが、、今回は冒頭、私立探偵にはお決まりの失踪人捜査が絡んで来る。

それも資産家のヴァンス(ウィリアム・デバイン)が死期が近い事を悟ってボッシュに半世紀も前に別れたメキシコ人女性と生まれたハズの子供の消息を調査して欲しいと依頼が来る。その捜索人が太い縦糸になり警察官になったマディが直面する色々な問題、そして前シリーズの終盤、凶弾に倒れたハニー・チャンドラーが真犯人を告訴すべく奔走する様子が横糸になり回が進む毎にその縦横の糸がこんがらがって行くのだ、。

 

 

今シリーズではエピソード2でタイトルバックに脚本、Naomi Iizuka と書かれているのを発見した。彼女は東京生まれでその後、世界各国を転々とし生活されていたようだがイエール大学、USCのサンディエゴ大学を得て今は教壇にも立たれているようだ。WOWOWで配信されている”TOKYO VICE”にも脚本を書かれているがご本人はプレイライト(舞台劇の脚本家)として活躍されているとの事だった。

こうして東京で生まれた女性が海外で立派に活躍されているのは実に逞しく嬉しくなる、もうこれで途中で止める訳には行かないぞ、。

”ペリカン文書”(93年)

原題は”The Pelican Brief"で1993年の映画、主演はまだ”プリティ・ウーマン”になる前のジュリア・ロバーツで男優は”グローリー”で助演男優賞を獲った後のデンゼル・ワシントンだ。監督は”アラバマ物語”やその他リーガルドラマが得意のアラン・パクラがジョン・グリシャムが書いた長編小説をそっくり映画化している。

 

 

原作を読んだ時はビックリする程に”ハラドキ”で一気に読み終わった記憶があるのだが今回拝見すると原作には忠実だが結構展開がノロいのでガックリした。

大学の法科で学ぶダービー・ショウ(J・ロバーツ)が研究課題として取り掛かっていた政府絡みの収賄事件がひょんな事から殺人事件に発展して行く。その謎に巻き込まれワシントン・ヘラルドの敏腕新聞記者、グレイ(D・ワシントン)と共同で真相を明かす為に走り回るストーリーだが最終的にはFBIやCIAも出て来て大統領の地位まで危うくなってしまう。

原作を書いたジョン・グリシャムはこの”ペリカン”の前には”評決のとき”、”法律事務所”、そしてこれ更には”依頼人”、”原告側依頼人”、”陪審評決”など立て続けにリーガル小説を書き上げている。しかもそれらが全部映画化、或いはTVドラマ化されているのでベストセラー作家として知名度はかなり高い。

ご本人も確か弁護士の資格を持っていてアメリカ南部では弁護士事務所を開業していた筈だが自身が書いたような派手な事件で世間にその手腕を知られるより公選弁護人として余り恵まれない人達を応援する立場だったらしい。何れにせよ作家活動が多忙になり弁護士より断然実入りの多い作家として執筆活動を続けているようだ。

どっかの彼氏みたいにニューヨークの司法試験に二度も落ちるくらいならこんな執筆活動もありじゃないか??ああ、そうか実務に携わらないと小説のネタがないか?

映画の感想としてはそりゃ若い二人も良かったのだが原作の方が断然面白かったと言ったら監督が気を悪くするだろうか?