”オールド・シネマ・パラダイス”、、時々新作も

長年”映画と愛猫とオーストラリア”だったが札幌へ軟着陸し愛猫も亡くしこの新タイトルで心機一転だ。

”セントラル・ステーション” (98年)

これはボクとしては珍しいブラジルとフランスの合作映画だ。もっとも舞台はリオ・デ・ジャネイロだし配役もブラジル人の俳優さんが中心、原語は全編ポルトガル語なのでフランスっぽい箇所は全くない。

タイトルになっている”セントラル・ステーション”は英語だがポルトガル語の原題は”Central Do Brasil"となっていて別に”駅”に拘っているようでもない。確かに主人公のおばちゃんは毎日この”セントラル駅”で代筆業を営んでいるので的外れなタイトルでもないのだが、、物語はその後、ロードムービー風になって行くので駅の場面は冒頭だけである。

 

 

 

そんな映画なので此処はもっと日本人受けする邦題を付けて欲しかったし配給元ではそれをやる価値がある程に秀作だと思う。

元教師のドーラ(フェルナンダ・モンテネグロ)は駅の構内に机を一つ出し読み書きの不自由な人たちを相手に手紙の代筆業をやっている。このドーラ、なかなかのくせ者で折角口述した手紙を投函せずに家に持ち帰り勝手に読んだりしているし気に入らない告白文みたいなモノは廃棄してしまう。

そんなある日、彼女の前に母親と9歳になる息子のジョズエがやって来る。頼まれて代筆を始めるのだがそれはプイっと出て行った夫にもう一度会いたい、息子に会わせたいと言う内容だった。その母親が帰り際、通りに出たところで息子を庇おうとしてトラックにはねられて亡くなってしまうのだ。

時代背景は何時なのか不確かだが混沌としたリオの中心街、万引きをした容疑者は警察官によって簡単に射殺されてしまうし車道で横たわる母親の為に救急車を呼んだりする群衆も居なく通り過ぎていくだけだ。ましてや残されたジョズエを気にする人は何処にもおらずジョズエは止む無く駅の構内に寝どまりする羽目に、。

それを見かねたドーラがジョズエを連れて自宅へ帰る。そこでジョズエが見たモノはとっくに父親宛てに投函されていたと思った母親がドーラに口述した手紙だった。流石に焦ったドーラ、、そしてその手紙の宛名へ向かってジョズエと二人父親探しの旅に出るのであります。

なかなか打ち解けないジョズエに胡散臭いドーラと言う二人の珍道中でヒッチハイクでトラックに乗せて貰ったり長距離バスに昼夜揺られたりとリオからどっちの方向へ向かっているのかは不明だったが広大なブラジルゆえそう簡単には目的地へは辿り着けない。映画の中心部分はこの旅路だが終盤になってやっと父親がいる筈と母親が残した住所へ辿り着くのだが其処にはもう父親は不在、別の住人が住んでいる。

どうも宝くじに当たったらしく近所の酒場へ入り浸りすっかり所持金を無くし家も売って何処か別の場所へ越して行ったらしいと判る。途方に暮れるドーラ、やっとの思いで此処まで来たのに旅はまだ続くのだ、。

そんなお話だが二人の描写が実に現実感があって素晴らしい、、ドーラはもう若い訳じゃないし映画界のスタンダード或いはブラジリアンから見てもそんなに魅力的でもない、性格だって何処となく一癖ありそうで果たしてこれじゃジョズエに良い影響は与えられないだろうと思わせる。でも終盤思いがけない展開になりドーラは夜が明けきらない中、長距離バスに乗って一人リオへ帰って行くのです。

 

 

 

 

”善き人のためのソナタ” (06年)

これはオレの勘違いだった、、てっきりティム・ロビンスが素性の知れない隣人に扮する映画、”隣人は静かに笑う”(98年)と混同していた。こちらはドイツ映画で東の壁が崩壊する1989年までの東ドイツに於ける秘密警察(国家保安局)による民間人を監視する様を描いた秀作だった。以下はウィキに記載されていた背景、;

 

原題の独題: Das Leben der Anderen「他人の生活」)は、2006年ドイツ映画。 監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、出演はウルリッヒ・ミューエマルティナ・ゲデックセバスチャン・コッホなど。東ドイツシュタージのエージェントを主人公にしたドラマで、当時の東ドイツが置かれていた監視社会の実像を克明に描いている。

第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。1984年の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)の局員ヴィースラー大尉は国家に忠誠を誓っていた。ある日彼は、反体制の疑いのある劇作家ドライマンとその同棲相手の舞台女優クリスタを監視するよう命じられる。さっそくドライマンのアパートには盗聴器が仕掛けられ、ヴィースラーは徹底した監視を開始する。しかし、聴こえてくる彼らの世界にヴィースラーは次第に共鳴していく。そして、ドライマンが弾いたピアノソナタを耳にした時、ヴィースラーの心は激しく揺さぶられる。

 

映画のスタイルは古い作品でフランシス・フォード・コッポラが監督したプロの盗聴者を描いた、”カンバセーション、、盗聴”(74年)に似てなくもないが雰囲気は”ロシア・ハウス”っぽいところがあり盗聴により知り得た事柄に毎日監視役として聞いている側が何時しか共感を感じて思いがけない展開になってしまうと言うお話だ。

広範囲に影響力を持つ舞台脚本家、作家に新聞雑誌等の記者たちは国の内情を西側社会に伝えるのが役目ではあっても社会主義国家に於いては国の内情を勝手に書かれては困る。そんな背景から監視の目を向けられたのが劇作家、ドライマンで彼の自宅に盗聴器を仕掛け24時間体制で監視する事を命じられるのがその道では優秀な尋問者と認められているヴィースラー大尉である。

映画はほぼ全編、この盗聴されている側とする側の描写に終始するのだが終盤、監視している側が一番気にしている事柄とは東側での自殺者の数字だ、これが公表されるのは避けたいとその7年くらい前から統計数字は公表されていないらしい。

それが80年代後半って事に驚かされる。日本ではバブル最盛期で手あたり次第に諸外国の投資物件を買い漁っていた時期だ、なのに東ドイツじゃそんな事に拘ってそんな情報が西側に漏れないようにあの手この手、、を尽くしていたとは。民家に勝手に入り込み盗聴器を仕掛けるってのは犯罪じゃなかったんだろうか?まあそれはさて置き、終盤は既に壁が倒壊し4年後、、更に2年が経過してヴィースラー当人は降格されしがない郵便局勤めで毎日郵便物のは配達仕事をやっている。

ふと通り掛かった書店に見覚えのある著作者が表紙を飾る分厚い書籍が、思わず店内に入りその本を手に取ると作者はドライマンでタイトルが”他人の生活”とある。そして最初のページを括ってみると其処には”HGW XX/7に捧げる”と書かれているのだ。この不可解な文字列は当時、ヴィースラーが使っていた暗号名なのだ、。イヤ~、この衝撃的なエンディングにはヤラれたよ、。

アカデミー賞外国語映画受賞納得の一作でした。派手さもなく緊迫感がそれ程ある訳でもなく妙に淡々としているのだがこれには参りました。

 

”警視グレイス” (21~22年)

これは正統派、英国発の刑事モノである。原作はベストセラー作家のピーター・ジェイムスで映像化に際しては”ルイス警部”や”刑事モース”で脚本を担当しているラッセル・ルイスが手掛けている。

シーズン1は2話、シーズン2は3話で終わり、でも最後は意外な展開になっているのでまさか此処までで終わりって事にはならないだろう。要点はロイ・グレイス警視(ジョン・シム)が直属の部下を指揮して所轄の警察署で捜査にあたるお話で正統派刑事ドラマと言えるだろう。

最近多いカルトっぽいものとか、怪奇殺人それに古い動機やコールドケースではなく現在進行形の殺人事件の捜査だ。舞台になっているのはイギリス南東部のブライトンで人口は30万人程度の地方都市、風光明媚で海岸線に位置しているので国内有数のリゾート地でもある。

毎回色々な動機から殺しの事件に発展するがシーズン1からずっと継続して未解決になっているケースがある。それはグレイス警視の妻が失踪していてその奥さん、サンディが果たして殺害されたのか現在は何処かで生きているのかが不明な点である。

グレイス警視も初動捜査に出向くのだが途中、サンディに似た雰囲気の女性や後ろ姿を見掛けると現場へ直行する前にその女性の顔を確かめないと前に進めないのである。

シーズン2の最終話では彼に敵愾心を持つ仲間の警視が参加して共同捜査をする事になるのだがあろうことかこのロイが実は妻を殺していて自宅の庭に埋めているのではないかと疑惑を抱き始める。そして肝心の殺人事件の捜査は放り出してロイの背景を探ったりと全く役に立たないのだ。又、それに輪をかけたように所轄の女性署長もグレイス警視に疑いの目を向け始める。

終盤はやっと心を許せる仲になりつつある検視官とレストランのテーブルに着いた途端、携帯電話に”サンディが生きている”と言う電話が掛かって来て茫然とするグレイス警視のアップで”ハイ、オワリ”となってしまうのだ。

なので毎回解決する事件とは別に一体奥さんは何処へ行ったのか、何故、事件性はあるのか、、真相はと、気になってつい次回を楽しみにしてしまう。これが毎週なら待っているのは別にどうって事はないのだがシーズン3に続くと言う事は何時になった配信されるのか、、多分来年にならないとやらないだろう。

そうなるともうオレの場合は何処まで行ったのか覚えている事が困難になる。全シリーズが終わってから一気に録画されたものを見る方がスッキリするかも知れないな、。

 

 

 

 

 

 

#好きな映画は その2

先日の”#好きな映画”の続編として今度は過去の映画歴から特出する作品群を、、もっともこのブログ名、”オールド・シネマ・パラダイス”からピックアップするとなるとそれに相応しく古き良き作品に行き着いてしまう。

まずモノクロ時代から選ぶと、”アラバマ物語”、”カサブランカ”、”地上より永遠に”等は間違いなく選んでしまう。そりゃ一連のチャップリン映画や”第三の男”、”市民ケーン”だって嫌いじゃないしハンフリー•ボガードだって外せないのだが、、これじゃオールド•モノクロ・パラダイスになってしまう。

そして好きなジャンル別になると”野のユリ”から”シベールの日曜日”、更には”情婦”、”死刑台のエレベーター”等のフランスの名作映画だって甲乙はつけられないしボクら素人がおこがましくてランキングなんて出来やしない。

まあ、個人的には一番多くの作品を劇場公開で見ていた時期となると1958年頃から1970年代辺りまでなのでどうしても思い入れのある作品はこの時期に満席の映画館で観た映画に集約されてしまう。

その筆頭は”ベン・ハー”じゃかなろうか?当時はシネラマとか70mm方式で上映される事が多く(映画観戦は何と言っても一番の娯楽だった)外国から入って来る作品は東宝系、松竹系、それにヨーロッパ系が多かった東和等の配給元がその殆どを牛耳っていた。

そして時代では、”アラビアのロレンス”、”西部開拓史”、”ウェスト・サイド物語”、”史上最大の作戦”、”大脱走”、”北京の55日”、”クレオパトラ”等はかなり印象深いものがある。ジャンル別に括ると5~7種類のジャンルに夫々ベストテンが出来るくらいに本数も多くなってしまうがこの時代にはまだ企画にもなっていなかったであろう映画がその後、ナンバーワンとして飛び出して来るのだ。

それが”ゴッドファーザー”でlからlllまで長い時間を掛けて作られている。最終章はどうにもならないのだがlとllはずば抜けた映画でこれが恐らく現在オレのナンバーワンかも知れない。

 

 

マリオ・プーゾが書き下ろした原作はマフィア一家の物語でコルリオーネと言うシシリーの島からアメリカへ移民した時にその出身地名を氏名とされた少年がメキメキと頭角を現しその道で大親分にのし上がって行く一家の叙事詩である。

裏社会の詳細を描いて当時のスクリーンじゃR-18指定にされても良い程の過激な描写が話題になり公開時は賛否両論あった。それが年月を経る程に評価が高まりフランシス・フォード・コッポラ監督は賞賛され続け今や伝説的な名匠である。

無論、それに異論がある訳じゃなしこの作品の多くのパーツ、演出、脚本、撮影、編集、音響、舞台設定から全演技陣まで全てが100%満足出来る数少ない映画だと思っている。これから先、コレを越すような映画が作られる事はあるんだろうか?あと10年(?)以内に作られないともうオレには関係ないかも知れないぞ。

 

 

 

 

 

 

#好きな映画は

これは今朝、あっちの”アミーバ”ブログ内を徘徊していたら見付けたブログの話題なんだがこの”はてな”でも共通するので添付してみた。”#好きな映画は”と言うタイトルで投稿出来るようで、、、実際オレも映画は好きだし良く見るが最近ではすっかり映画館とはご無沙汰している。昔は映画館へ単独で入って見るのが本来の映画ファンでTV鑑賞は邪道だと勝手に豪語していたが加齢と共に出掛けて行く回数は激減しているし見たいと思う映画さえ極端に減って来ている。

 

それに金銭的にも幾らシニアと言っても1000円はするし出掛けりゃやれコーヒーだ、ランチだと出費がかさむものだ。ましてや家内と二人で行けば全部が倍々、、折角行っても2時間会話なしで過ごすくらいならその分、美味しいものを食いたい、と優先順位まで下がって来ている。

 

そして自身の好みを消去法で見回すと、、まず最近の邦画はパス、そしてアニメ、、それにホラーやアメコミ系のシリーズ作には全く食指が動かない、。そうなって来るともうジャンル的には見たいと思わせる作品が無くなってしまう。

 

映画館でロードショーになりすっ飛んで行った映画となると、アンソニー・ホプキンズ主演の”ファーザー”、そしてダニエル・クレイグの、”007/ノータイム・トゥー・ダイ”くらいじゃなかろうか?って事はアクション系と現実的な人間ドラマって事になるかな?

 

もうチョイとジャンルを拡大すると”ラ・ラ・ランド”のようなミュージカル、それと人間描写に見応えがあるドラマ、、ジョージ・クルーニーの”マイレージ・マイ・ライフ”、”ファミリー・ツリー”等は絶対に外せないし裏の裏があるようなスパイものは大好きなジャンルである。

 

 

但し、それにはアクション満載である必要はなくて”裏切りのサーカス”式の2~3回見ないと良く判らないなんて映画は大好物である。後は原作の良さを重視しているので読み終わった小説がどんな風に映画化されているんだろうか、、そんな作品は外せない。