”オールド・シネマ・パラダイス”、、時々新作も

長年”映画と愛猫とオーストラリア”だったが札幌へ軟着陸し愛猫も亡くしこの新タイトルで心機一転だ。

”Those Who Wish Me Dead" (21年)原題

この最近作、原題が”Those Who Wish Me Dead”となっている。さて邦題はどうするんだろう?まあ日本で公開されなきゃ頭を捻って邦題をつけても意味はないのだが、、でも久し振りのアンジェリーナ・ジョリー主演のアクション作となれば必ずや何処かが買い付けて来ると思うのだが、。ひょっとしてと思いウィキを覗いたら何と”ウィッシュ・ミー・デッド”とか実にふざけたタイトルがついていた。

 

f:id:guch63:20210411145343j:plain

 

映画の大筋はハリソン・フォードの異色作、”ジョン・ブック / 目撃者”とかなり設定が似ている。要するに少年が殺しの現場を目撃してしまいモンタナの森林へ逃げ込む、其処に派遣され山林の監視活動をしているレンジャー、ハナー(A・ジョリー)に助けられ殺し屋二人から狙われる羽目に、そしてお決まりの逃げ惑い、真犯人を告発する、、という事らしいのだ。

プレビューでは監視用の高いヤグラの上から逃げて来る少年を発見し燃え盛る森林を背景に救助に向かう主人公がいるのだがさてこの森林の火災はどうしてそうなったのか?犯人たちが故意に火を放ったのか或いは自然火災なのか、、その辺りは不明である。全米では5月中旬のカナダ公開を予定していてその後アメリカ本土へ、既に配給元は諸外国へ配給する予定で国名も記載されているようだが、日本の表示だけは無いのだ。

韓国やリトアニア、トルコにスロバキヤでの公開日が決まっているのにナンで日本は入ってないんだろうか?先のおちゃらけた邦題が気に入らなくて配給元は日本へは配給しない積もりなんだろうか??

そのまま直訳して”死んで貰いましょう、、”って邦題ならいけそうなんだが、それじゃヤクザ映画だし、”彼らは死を望んでいる”じゃ中学生の英語の授業になっちまう、、そうなるとカタカナがどうしても便利か?

 

 

我が映画人生最大のチョンボ、、(再)

4年前に投稿したモノなんだがそっくりそのまま再投稿が出来るらしい、其処で試しにやってみた。まあ機能を調べりゃそりゃ出来ない訳はないだろうと思ったがYahooで書いていたモノをそのまま編集出来るとは、、。
 
今日も朝から暑いのは判っていた。昨日ずっと働き詰めだったし今日は朝から映画館だぁ~、、と決めていた。勿論”La La Land”を目指してゴー、、ちゃんとネットでチェックすると10時の回が比較的空いているので早速行きましょうと家内と手を繋いで映画館へ。
 
ちょっと並んだがまだこの時間じゃそんなに混んでない。でもナニを見に来ているのやらロビーには子供達が走り回っているぜ、、窓口へ無事到達、切符もゲット、センター後方の絶好の位置、そしてCMやら予告編やら20分後の後に、、いよいよ始まるぞ、、そして大きな画面にガーンと一気に表示されたのが;
 
Allied
 
うん、ナンでこうなるの???隣の家内は”ナニ、これっ??”と強烈な肘鉄だ。慌てて暗い場内で切符を探してかざしてみると、、;
 
イメージ 1
参ったな、、こりゃもう降参、ゴメンナサイ、今、そこにある危機、、状態。何と窓口で買った切符はシネマ6号館で10:15上映の”Allied”(邦題は”マリアンヌ”)になっている。しかもシネクラブ会員カードも提示しているのにシニア一枚の適応でもう一枚は普通の大人料金でしっかり19ドルも徴収されているじゃないか、。
 
 
この時点で家内はもう”ワタシは見ませんからね!”と言い残してさっさとショッピングセンターへ、、此処でオレがオロオロと追いかけると周りの注目を集めるのでおっさんは冷静に一人でまた、、、最後まで大人しく鑑賞。これで昨年最後に見た映画と今年になって最初に見た映画が同じと言う実に不思議な記録を達成してしまった、、本当は泣きたかった。
 
思い返すと”La La Land"と言ったつもりが窓口のねいちゃんには”Allied"と聞こえたんじゃなかろうか??確かに語尾の発音は似ているのだが、、これってもう殆んどドライブスルーで”チーズバーガー”を頼んだのに”フィレオフィッシュ”が出てきたみたいなもんじゃん??それにしてもちゃんと半券を確認しておれば直ぐに”御直り”が出来たハズ、、にもかかわらず座る席番号だけを確認して勝手知ったる場内へ入ってしまったのである。席に着いて家内が”何時に始まるんですか?”って聞くので”10時じゃないかな?”と答えた。すると”もう10分も過ぎているわよ”、、何でこの時点で再度半券を確認しなかったのか、悔やまれる。
 
実にクヤシイ、、、一昔前なら此処で一気に家内とは”紛争勃発”だが最近はこんな事じゃへこたれない、、敵もさるものちゃんと映画が終わる時間には買い物を終わってブーメランだ。でも最後に言い放たれた、、”アナタの英語もダメね?、普段アホな事ばかり言っているくせにこんな時に”ララランド”が”アルアイド”に化けるなんて、、”この一言はロープ際でロッキーがアポロ・クリードの放ったボディ・ブロウによろけた瞬間と同じ状況、、もう返す言葉もなく項垂れるだけでした、、、。
 
そもそも”Allied”じゃなくて邦題の”マリアンヌ”が採用されてればこんな馬鹿な聞き間違えは起きなかったんだ。そうは言ってももう後の祭り、これで”La La Land"には3回振られた、、明日はダメだがこの挑戦、ここまで来たら止める訳にはいかんぜよ、、。
 
しかしこれまで40年近くは海外で映画を見ているのだがこれは初めての経験だ。タイトルを言い間違えたのは以前入った”Cowboys & Aliens"、、あん時は思わず”Cowboys & Indians"とやって窓口のねいちゃんも大笑いしてくれたっけ。次回はちゃんと紙に書いて行かないと”La La Land"が見れないかも??
 
 

”グレン・ミラー物語”(54年)

原題は”The Glenn Miller Story"、この映画はリバイバル上映時に東銀座にあった松竹セントラルへ見に行った。兎に角、好きなジャンルなんてものはなくて封切りされる作品は片っ端から見ていた時期で向かいにあった東劇、その上層階にあった傑作座や松竹セントラルの横っちょにあった邦画専門館へも足げく通っている時期だ。

そしてこのグレン・ミラー、、何曲かは知っていたがビッグバンドのバンマス程度の認識しか持ち合わせていなかった。なので主演したジェームス・スチュワートの容姿がそっくりそのままグレン・ミラーとして頭にインプットされてしまった。確かにホンモノも背が高く、細身で後年そっくりじゃないかと再認識したものだ。

奥さん役に配役されていたのがジューン・アリソンで監督がアクションものの第一人者、アンソニー・マンだった。ミュージカルと言うジャンルではないのだが実際に鑑賞してみるとこれはミュージカルじゃないのか?と言える程にヒット曲のオンパレードで外へ出る頃にはコンサートへ行って来たような気分になれたものだ。何せ”ムーンライトセレナーデ”以下、ヒットを9曲もフルで演奏してくれた。

映画ではグレン・ミラーの半生が語られるのだが実物は僅か40歳で”消息を絶っている”ので実働20年余の物語だ。本職はトロンボーン奏者だが無一文の時代から苦労して演奏活動、そして作曲活動と、、早くに結婚した奥さんに苦労を掛けながらも名曲を生み出して行く過程は実に興味深く見る事が出来た。

1942年の戦争勃発と共に入隊しそれから楽団を率いて前線基地を慰問して回る生活、、そして44年にロンドンからフランスへ慰問の為に飛び立った飛行機がイギリス海峡で消息を絶ってしまった、、っと言う悲劇的な結末を迎え映画もそこでジ・エンドだった。


www.youtube.com

 

f:id:guch63:20210410143406j:plain

この映画を拝見して初めてグレン・ミラーミュージックと呼ばれるオーケストラバンドを認識したかも知れないな。何れのヒット曲も歌詞はないのだが実にノリが良くて雰囲気は満点のメロディーだ。今でも何代目になるんだか、”グレン・ミラー楽団”と言うオーケストラが世界を股にかけて演奏旅行をしている。

 

 

ノー・タイム・トゥ・ショー (20年)改題

この長い間、公開を待っている007の最新作は25作目になるのだがこれまで延期、延期、、更に延期となり当初は2020年の4月だったのが二度三度と順延になりやっとこの度、日本での公開日が本年、10月8日に決まったそうだ。

まさに原題は”No Time To Die”だがそれがすっかり” No Time To Show”になっている。2019年度に制作されそれが公開は21年の終盤になるって事だ。何とも気が抜けちまったのはオレだけじゃなかろう、すっかり炭酸分が抜けたコカ・コーラだな。

 

f:id:guch63:20210408142129j:plain

 

それでもしっかり前売り券は買ってあるがネット経由なので現物の切符がある訳じゃない、、”ムビチケ”と言われるサイトから買いちゃんとスマホには保存されているのだが大丈夫なんだろうか?もう”それは無効”です、、なんて言って来ないかビクビクしている。しかしこれは早まって金を払ってしまったオレが悪い、でもこんなに延び延びになるとは思っていなかったしコロナ禍でもちょっと制限が緩くなれば場内を50%に制限してでも封切りするもんだとばかり、それが完全にあてが外れてしまった。

ダニエル・クレイグが主演する最後の007だし前作から繋がっている箇所もある、それに宿敵、ブロフェルドだってまだ生きているんだし此処で決着を着けないと次の新作へ人選も出来ないし企画書だって作れないだろう、。

プロデューサーのバーバラ・ブロッコリに至っては膨大な制作費が何時まで経っても回収出来ないしこんな事から金利負担が滞り制作元が窮地に落ち込むなんて事だけにはなって欲しくない。下手してチャイニーズ資本でも入ろうものならオレはもう”ハイ、それまでよ”見限る積もりだ。

ファンの間ではNetflixとか他の配信サービスで課金配給の要望もあったしプロデューサー自身その手法も考慮していたらしい、、でも結果的には劇場公開を最良の選択肢として複数社で金利負担に耐えているとの情報だ、。

絶対に他言はしませんから、、と誓約書を書いてロンドンへ行けばこっそり試写室で見せてくれないだろうか?ああ、そう言えばそんな情報さえ一切漏れて来ないぞ、これまで現場に関わった人たちやダニエル本人も語っていない、内容に関しては完全なる箝口令が敷かれているんだろうなぁ~、。

 

”ザ・アウトロー”(18年)再

この映画、期待以上に面白かった、、絶対に自分でもブログに投稿していると思ったがこの邦題じゃ検索しても出て来なかった。そこで原題をそのままカタカナで書いてみたらヒットした、それが以下でした、;

 

マッチョマン、ジェラルド・バトラー主演の犯罪アクションもので彼がプロデューサーも兼ねているようだ。原題は”Den Of Thieves"、直訳すると”盗人たちの巣窟”って感じなのだ、、まあこれじゃ”鬼平犯科帳”のタイトルみたいだが間違ってもそのままカタカナで邦題にはしないで欲しい、、。まあどうって事のない映画なら別に”デン・オブ・シーブス”でも良いがこれがすこぶるオモシロイ映画なのだ。
 
実はこのジェラルド・バトラーは私がイチオシする映画”至上の恋”で映画デビューしている。それから007の”トゥモロー・ネバー・ダイ”や”サラマンダー”を経て”オペラ座の怪人”、、そして”300”で脚光を浴び”エンド・オブ・ホワイトハウス”に”エンド・オブ・キングダム”と主演作が目白押し、すっかりアクションヒーロー化している。
 
その彼がこの映画ではロス・アンジェルス郡のシェリフを演じている。FBIやLAPDとは違って”ロス郡”にまたがる捜査官で呼び名は保安官、FBIは連邦捜査、LAPDはロス市内が守備範囲と微妙に違いがあるのだ。
 
そして舞台はロス・アンジェルス、冒頭現金輸送車を襲う事件が勃発、その現金輸送車ごと盗まれてしまう。銃撃戦で死傷者も出たのだがその輸送車は何も輸送していないのだ、、そう、空の輸送車が襲われたって事で関係者は首を捻る。その強奪現場に出向いたニック(G・バトラー)は以前から追っていた極悪強盗犯、メリーメンが臭いと睨み彼らがたまり場としている”デン”でバーテンダーとして働くドニーに近づくのだが、、。
 
このドニー(オシェア・ジャクソンJr)が丁度この映画では”ユージュアル・サスペクツ”のヴァーバル、、と言えば良いだろうか??あああ~、これ以上書けないぞ。どうも日本じゃまだ邦題は決定しておらず公開も未定らしい。DVDスルーか?どうやらその後Netflixが版権を取得してこの邦題で配給しているらしい、、。
 
 

f:id:guch63:20210407171645j:plain


 
 
 
”あっと驚くどんでん返し度”は70%くらいかな?すっかり騙されちまったよ、、最後に”謎解き”と言うか顛末が映像化されているのだが”なるほどザ・ワールド”の印象だった。一般的に制作側も犯罪は割に合わない、で終わるのが王道だろう、、でも中には犯罪者が現ナマを持って逃げ通すか、捕まるか殺されるか、、色々な終わり方がある。この映画は本当に悪いプロ集団は全員ヤられちまうのだが、。
 
本当かどうかは知らないが連邦造幣局では毎日、市内の銀行から運び込まれる現金を瞬時に粉砕して再生利用が出来ない紙クズにしてしまう。要するに新札は全部番号が控えられ発行される際に記録されているが使い古されて廃棄処分になるドル札は番号も何も控える事はないし番号だってもう不要の長物だ。その粉砕される寸前の現金を盗み出すと言うこりゃ目の付け所が違う設定なのだ、この盗みのシーンはその手順から準備、そして実行とかなり緊迫度が高くてこの映画のメインイベントかも?
 
そうは言っても先のバーテンダーをやっているドニーだって決して善人じゃないのだ。前科もあるしそんな大胆な悪さを仕掛ける訳じゃないのだが見た目からは想像も出来ない”頭脳犯”なのである。
 
終盤コヤツにすっかり騙されたニックは今回の事件が起きた順序と経緯を自分なりに時系列で検証してやっと”あああ~、、”と気がつく有様。自分の離婚騒動があったのでしっかり見極められなかったと言う事にもなるのだがドニーが一枚どころか三枚くらい上手でした。