”オールド・シネマ・パラダイス”、、時々新作も

長年”映画と愛猫とオーストラリア”だったが札幌へ軟着陸し愛猫も亡くしこの新タイトルで心機一転だ。

PCは臨時休業

今使っているラップトップは丁度3年前、2018年の10月に新品で購入したDELLのパソコンだがもう容量が目一杯になってしまい速度も極度に減速している。何せ起動して立ち上がるまでにコーヒーを飲み終わってしまう状態でスマホと比べるとお話にならない…

”陽のあたる場所”(51年)

原題は”A Place In The Sun"とまさにそのまま、、陽のあたる場所である。長い間、コレは見ていると信じていたのだが始まって10分、、20分が経過しても記憶にある展開にはならない、むしろ全然未開の領域だ。って事は自分じゃ見た積りだったが見ていない…

実録ジュラシック・パーク??

これは遥々現地から送られて来た”ジュラシック・パーク”実写版の一コマです。主演は孫①、孫②で共演は次女、撮影は娘婿で編集が爺、っと言う訳で撮影用のスチールが届いただけで内容その他はまだ不明です、、果たして公開はあるのか??(笑)。 確か北海道に…

007シリーズ・ベスト・テーマソング

1962年に最初の007映画が公開された。原題は”Dr No”だが邦題は”007は殺しの番号”とかで完全にB級作品扱いで公開された映画館だって二番館だった。後年シリーズ化された後に邦題も”007/ドクター・ノオ”と変わったがそれ以降60年間に25本のジ…

”ダンシング・ヒーロー”(92年)

これは純正オーストラリア映画で1992年に公開されバズ・ラーマンの監督の地位を確固たるものにした処女作かつ代表作品だ。恐らく公開当時、オージーで見てない映画ファンはいないだろう。原題は”Stricktly Ballroom”だが邦題は”ダンシング・ヒーロー”に…

”宇宙戦争”(19年)

これはイギリスでシリーズ制作され日本ではWOWOWが配信したH・G・ウェルズが描くところのSF大作のリメイク版で合計4話で構成されている。トム・クルーズ&スピルバーグ版は05年に公開されているがアレは舞台がニューヨークでやたらとギャーギャ…

”サハラ死の砂漠を脱出せよ”(05年) 再

原作者はクライブ・カッスラー、1931年アメリカのイリノイ州生まれなのでもう82歳になる。カリフォルニア州に永住する事になり、65年に執筆活動を開始、それが何と奥さんが警察勤めで忙しく子供の世話をし”主夫”活動の合間に書き始めたそうな、、そ…

”それでも恋するバルセロナ”(08年)

ウディ・アレン監督のラブ・コメディ(?)、最初見た時は印象的なテーマ曲が背景に流れるなかアメリカから休暇でやって来た若い仲良しのヴィッキーとクリスティーナが繰り広げる恋のさや当てがバルセロナにとても良くマッチしていると思った、。それに監督…

”暗くなるまで待って”(67年)

日本国内で公開されたのが1968年と米国公開から半年も後の事だった。ヒッチコック監督の”鳥”は1963年の映画で東京は丸の内にあった旧ピカデリーで公開されているが此方はその5年後に同じ松竹ピカデリーで公開された。 wait until dark オードリー・…

”The Informer / 三秒間の死角”(19年)

劇場公開されているらしいが2019年の犯罪映画で2009年に”三秒間の死角”として原作が発表されている。主演はジョエル・キナマンやロザムンド・パイク、それにクライブ・オーエン等で監督はアンドレア・デイ・ステファノと言うらしい。 出だしはニュー…

試練の数字並べ

今日はちょっと緊張気味だ、、、と言うのは売却交渉の前哨戦として数字の専門家がワタシが過去にはじき出して計上していた管理収益の詳細を調べにやって来るらしい。 無論毎年しっかり定められた方法で州政府へ業務収益合計を報告しているし会計監査もやって…

”点と線”(07年)

原作は松本清張が1957年に書き下ろした長編推理小説だが”砂の器”はこれの三年後、1960年に発表されている。映画化されたモノとしては野村芳太郎監督による”砂の器”の足元にも及ばないが原作の面白さ、そしてアリバイ作りのアイデアに関しては甲乙は…

”悪の法則”(13年)

原題は”The Counselor”、で監督がリドリー・スコット、そして主演がマイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムと何れも主役を張れる俳優さんなので見ない訳にはいかない、。 でも確か原題は…

”ハンニバル”(01年)

原作を書いたトーマス・ハリスは時系列で行けば最初に”レッド・ドラゴン”(81年)を書いている。その後、”羊たちの沈黙”(88年)、”ハンニバル”(99年)、そして”ハンニバル・ライジング”(06年)と続いた。 でも映画化に際しては最初に”羊たちの沈…

”きみがくれた物語”(16年)

ありゃ、、これは100%邦画の邦題じゃなかろうか?原題は”The Choice"(選択肢)と至って簡単で何処にも”きみ”は出て来ない。まあしかしそのまま”チョイス”としなかった事は褒めてやりたい。でもどっちに転んでも絶対に自分からは見てないだろう、たまた…

”13F”(99年)

ナンとまあ簡単な邦題だ、、ドイツ映画らしいが原題は英語で”The Thirteenth Floor"でそのまんま、。セリフは英語だがジャンルでいけばSFになるんだろうか?でも宇宙へ行っている訳じゃないしこの地球でのお話、バーチャルで作られた世界と行ったり来たりす…

”奇跡の絆”(17年)

この映画はどうも国内では劇場公開されていないのだがアマゾンさんが配給してたらしい、、我が家にはアマゾンからJ:COMを経由してムービーチャンネルで見る事が出来た。邦題が”奇跡の絆”っとなるとこりゃ震災モノと勘違いしそうだなぁ~、、っで良く見…

”我等の生涯の最良の年”(46年)

原題はそのまま”The Best Years of Our Lives”、とそのままだが邦題は”の”だらけ、、これには初めて見た時には違和感を感じたのだが名作には違いない。監督がウィリアム・ワイラーで主演にフレデリック・マーチ、ダナ・アンドリュース、そしてハロルド・ラッ…

”マイ・スパイ”(20年)

こりゃ新作だし絶対に見てない、、それにキーワードの”スパイ”が付くので見るっきゃないだろう?チョイと”マイ”等と所有格が付くのが気になるが、。 主演はデイブ・バティスタ、、近年メキメキ売り出し中の元プロレスラーだ。これまでアーノルド・シュワルツ…

”エイリアン”(79年)

もう公開された時に生まれた次女がアラフォーで孫sが二人もいる、、光陰矢の如しとは言うけれど参っちまうな、確かこれはロス・アンゼルスに居た時に見ているのだが何処の映画館だったかどうしても思い出せない。まだシネコンがはびこる前だし独立系の映画…

”クライ・マッチョ”(21年)原題

うん、この映画は見ないと言う選択肢はない、。何と言ってもクリント・イーストウッド御大の主演、そして監督作品だ。元ネタはリチャード・ナッシュと言う人が書いた長編小説で1975年に出版されている。当初から映画化に際しては色々とあったらしい、、…

”私は告白する”(54年)

これまたヒッチコック監督の秀作で制作されたのは1954年になっている。と言う事は主演を演じたモンゴメリー・クリフトが”地上より永遠に”でプルーイット一兵卒を演じていた年だ。この映画では苦悩する牧師さん役で他の配役、アン・バクスターやカール・…

”48時間”(84年)

もう37年も前に公開された映画だった、、そりゃ主演のニック・ノルティもエディ・マーフィーも若い。監督はアクション映画が多い、ウォルター・ヒルで”スティング”等の監督、ジョージ・ロイ・ヒルと勘違いしてた、、。 映画のタイトルに”時間”が付くケース…

”海を飛ぶ夢”(04年)

全編スペイン語の映画で主演はハビエル・バルデム、原題は”Mar adentro”(内なる海)で英語表記だと”The Sea Inide”にそれが邦題となると”夢が海を飛んでしまう”、、本編を見ればそれもありかな?でも解釈が違うし本国からは文句は出なかったんだろうか? お…

”ジーニアス:アレサ”(20年)

この邦題を読んで直ぐにこりゃ”天才はアレさ、、”と思わないだろうか?瞬時に原題の”Genius Aretha"と気付く人は絶対にシニア世代だ。そのアレサにせよ色々いるしこれがかのソウルの女王”アレサ・フランクリン”の伝記映画だとは判るまい。 第一不思議な事に…

”キリングゲーム”(13年)

実にややこしい、この映画の原題は”Killing Season”なんだが同じように”キリング”が付く映画が”フィールド”だったり”グラウンド”、とか”ゲーム”だったりと交錯する。同じカタカナ表記にするなら邦題も”キリング・シーズン”に統一してくれりゃ良いものを、、…

”警視グレイス”(21年)

本格派イギリスの犯罪ミステリーで本邦初公開だそうな、、元ネタはベストセラーになった”ロイ・グレイス”シリーズらしいがこれまでに”刑事モース”や”ルイス警部”等で脚本を担当したラッセル・ルイスなので見ないと言う選択肢はゼロだ。 原題の”Grace"っての…

”太陽の中の対決”(67年)

この時代、60年代中頃から70年代初めの洋画はかなり見ているのだが邦題が”太陽の中の対決”だったとは知らなかった、、原題は”Hombre"(スペイン語で男って意味なんだが、、)これじゃ幾ら想像力を逞しくしても判らない。 NHKBSで放映されていたものを録…

”要塞”(70年)

この映画は不思議な事に邦題をそのままIMDbで”Yosai"として検索すると出て来る。その昔、見た時は確か”Hornet's Nest"だったんだが、、主演はロック・ハドソンとシルバ・コシナで背景は1944年のイタリア戦線、アリステア・マクリーン風な設定で戦線へ送…

”恋におちたシェイクスピア”(98年)

これは公開時から見過ごされやすい題材でかのシェイクスピアを扱ったコメディーだが配役陣はオールスターだしアカデミー賞でも作品賞を獲り他にも複数ノミネートを確保するなど世界中の映画ファンが認める秀作だ。 まあ日本で行けば”源氏物語”を執筆中の紫式…